不眠症の症状・原因をチェック!生活習慣の見直しで改善できます。

病院

不眠症の原因と改善策

医者

不眠症の原因は様々で、すぐに解決できるものばかりではありません。しかし、少しの努力で、不眠症の症状が改善される場合もあります。眠れない原因を根本的に取り去って、質の高い眠りを手に入れいましょう。

Read More

睡眠中の呼吸

医者

自覚症状も薄い睡眠時無呼吸症候群は、危険な病気です。しっかり眠っているはずなのに疲れが取れない、慢性的に眠いという方は、睡眠時無呼吸症候群が原因となっているケースもあります。

Read More

酷く疲労を感じる病

医者

慢性疲労症候群は、原因不明ではっきりした診断方法も無い病気です。半年以上という長期にわたって症状が続くので、どのような病気か理解して病気と向き合うことが大切です。

Read More

不眠症の基礎知識

グッスリ眠れるように不眠症対策を行ないましょう。簡単な改善方法はサプリメントです。飲むだけなので、継続しやすいです。

眠れない日々

医者

楽しみにしているイベントの前日や、緊張する試験の前など、眠りたくても眠れない経験は誰しもあるものです。翌日のことを考えて興奮状態にあったり、緊張していたりすると、一時的に眠れない状態に陥ってしまいます。
そのような状態が慢性的に1ヶ月以上も続き、身体に悪影響を与えるような状態を不眠症と言います。
不眠症になると、倦怠感が常にあったり、集中力が低下するなど、仕事や勉強に影響するだけでなく、食欲不振や意欲低下など、日常生活にも支障を来たしてしまいます。
日本では、国民の5人に1人が不眠症に悩まされていると言われるほど、身近な病気となっています。

不眠症の分類

不眠症といっても、その症状は様々で、大きく4つに分類されます。
■入眠困難…眠ろうとしてもなかなか眠れない
■中途覚醒…眠りについて後、真夜中の2時3時など中途半端な時間に目が覚め、その後眠れない、または、何度も目が覚める
■早朝覚醒…本来起きたい時間よりも早く目が覚め、その後眠れない
■熟眠障害…睡眠時間は十分にあるが、眠りが浅く、休養感を得られない

原因と改善方法

このような症状が現れる原因は一つではありません。しかし、生活習慣の見直しによって、症状を改善することが可能です。
十分に眠れない場合は、不眠の原因となりえる行動を見直しましょう。